東京臨床心理学院をおすすめしたい方

本学院は、臨床の場で使えるカウンセリング力、心理療法をお教えしています。

企業や医療、福祉、教育の場で働いている臨床心理士、公認心理師、医師の方などで、じっさいに患者さんやクライアントさんが変化するスキルを身に着けたいとお考えの方にご満足いただけるカリキュラムを提供しております。

た、資格はあるけれども、まだご自分のスキルに満足されていない方、他の有資格者よりも、一段高いレベルのカウンセリング力や、心理療法を学びたいとご希望の方にも最適な場となるでしょう。

カウンセリングコースでは、メンタルヘルスのためのさまざまなカウンセリングとストレスケアの手法を学ぶことができます。

現在、従業員50名以上の企業では、ストレスチェックが義務付けられているほど、現代社会では、ストレスが人間や経営に及ぼす影響を問題視しています。

ストレスが心と体、人間関係に影響を及ぼすことは明白ですが、その根本的な原因や、ストレスへの対処法は、まだまだ選択肢が多いとは言えません。

そこで、本学院のカウンセリングコースでは、地域や企業、医療、福祉、教育の場で役立つ、メンタルヘルスのためのカウンセリングと、独自のストレスマネジメント、ストレスケアの方法をお教えしています。

 1年間を講義とトレーニングを受けていただくと、職場ではもちろんのこと、各地域でさまざまなメンタルヘルス講座などを開催していただける力を養成致します。

心理療法コースでは、顕在意識と潜在意識の両方に働きかけ、患者さんやクライアントさん自らの治癒力やレジリエンスを高めるようなセラピー手法をお教えしています。

一般的なカウンセリングや認知行動療法などでは限界を感じている専門職の方などにとっては、刺激的でありながら、なるほどと納得していただける深い手法をご提供できるでしょう。